前へ
次へ

停電のときはガスでご飯を炊いて食べました

以前、大きな地震をきっかけに停電して、2日半ほど電気が止まってしまったことがあります。電気が使えなくなると、夜は暗い中で生活しなければいけないので、非常に不便に感じました。また、電気が止まっている間は炊飯器も使えませんでした。幸い、ガスと水道は地震の直後から通常どおり使うことができたので、お鍋を使ってご飯を炊いてみることにしました。スマートフォンを活用して、ガスでご飯を炊く方法を調べて実践しました。40分ほどでご飯が炊き上がったのですが、実際に食べてみると炊飯器で炊いたときと同じくらい美味しくて感激しました。ガスでご飯を炊くときに気を付けたのは、水加減と時間です。また、吹きこぼれないように常に目を離さないように気を付けていました。当初はほんの少し面倒に感じましたが、実際に試してみると面倒なことは一切なく、想像していた以上に美味しいご飯が食べられました。また停電して電気が使えなくなってしまったときは、ガスを上手に活用しながらご飯を炊いて、家族で美味しく食べたいと思っています。

Page Top